ニュース

ふじみ野オリジナル鬼ごっこ『スクエア鬼』(ふじみ野市スポーツ鬼ごっこ連盟)

ふじみ野市スポーツ鬼ごっこ連盟から、ふじみ野の練習でも取り入れているオリジナル鬼ごっこをご紹介します。

【オリジナル鬼ごっこ:スクエア鬼】
スクエアパスを応用したふじみ野オリジナル鬼ごっこ!
タッチした回数を競うのが基本ですが、逃げた回数で競ったり、チーム戦で行う等色々工夫が可能です。

両手タッチ、攻守の切り替え、カットの動き、スタートダッシュ、体力等が鍛えられます。
よろしければトレーニングにご活用ください。(あまりにも少人数で行うと、疲れて子供達から苦情が来ます笑)

《ルール》
①漢字の「回」のような内と外に2つ四角があり、内と外の角の合計八か所に目印を置く。スタートする2人以外は外枠の角でそれぞれ一列になり待ちます。四角の対角線の内枠の角にいる2人からスタートし、最初の内枠の角を過ぎると鬼ごっこスタート!
②最初の角を過ぎた人は子として逃げます。外枠の角で待っていた人は鬼として追いかけます。(ふじみ野ではタッチは両手タッチにしています。)
③最初のスタート位置から見て、対角線の反対側の角まで来たらその角の最後尾に並びます。先程鬼だった人は次の角を過ぎたら子となり、今度は逃げる側です。
④後はひたすら時間までこれを繰り返します。(鬼→子→鬼→子・・・)

反対側の鬼と子も見ておかないと、詰まったり、追い越したりしてしまうので、視野の広さやスピードの調整も必要となります。

ふじみ野市スポーツ鬼ごっこ連盟